ホーム >  水口病院について >  沿革・概要

沿革

地域と密接に連携した医療体制

当院は江戸時代の水口藩医ののちに、明治41年(1908年)に現在のような病院形態となり、100年以上の歴史を歩む病院です。
昭和10年(1935年)に滋賀県の指定病院になり、近県からも多くの入院患者を受け入れていました。
昭和30年(1955年)に全国に先がけて精神発育障害児のための教育治療施設「万葉園」を設立しました。
昭和40年(1965年)に精神神経科本来の治療を充実させるため生活療法棟を設立。
昭和53年(1978年)には「万葉園」を病院内に吸収合併。その後、高齢化に伴い、高齢者医療にも力を入れています。
昭和63年(1988年)に管理棟病棟が完成。平成6年(1994年)には病棟、食堂、高齢者保健施設を設けました。
平成9年(1997年)に滋賀県の認知症疾患医療センターに認定され、平成11年(1999年)に新病棟が竣工しました。

正面エントランス
【グラウンドと療養病棟(E棟)】
療養病棟(E棟)
【明治41年(1908年)、
 病院創立当初の門柱】

理念と方針

理念

病めるひとにやすらぎと生きる力を

方針

・安全で質の高い医療を提供する・患者様のニーズに沿った快適な環境を提供する・地域に開かれた医療、福祉サービスを実践する


概要

所在地 滋賀県甲賀市水口町本町2丁目2番43号
名称 一般社団法人 水口病院
電話 0748-62-1212(代)
創設 明治41年(1908年)1月18日
施設概要 敷地面積:17,417m² 建物面積:延22,443m²
病床数 407床(精神病棟、精神療養病棟、認知症治療病棟、精神科急性期治療病棟)
介護老人
保健施設
100床
職員数 500名
診療科目 精神科・老年精神科・心療内科・内科


【病棟配置図】
1管理棟 2M棟(スキナヴィラ水口 5F・6F) 3E棟(デイケア4F・5F) 
4看護職員寮 5グラウンド 6保育所 7外来駐車場 8職員寮