聖泉大学看護部用奨学金Q&A

奨学金について、このほかにも知りたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Q1:
応募から決定までは?
A1:
所定の応募書類を郵送いただき、選考の上(特別奨学金は面接・作文試験等を実施)、当院奨学生候補者として決定した方に、大学の入学試験を受験していただきます。合格し契約を交わした後、当院看護奨学生として確定いたします。
Q2:
奨学生侯補者にもれた方は?
A2:
聖泉大学看護学部の候補者にもれた方は、その他の看護養成校等に当院の奨学生として受験することもできます。
Q3:
大学受験(看護養成校等)に不合格の場合は?
A3:
次年度に再チャレンジすることができます。不合格の場合は原則応募書類は返却いたしますが、再チャレンジを希望し、受験学校に変更の無い場合は、保管しますので当院への応募書類は不要です。
また、当院で看護助手(ケアワーカ)として勤務しながら、受験に向けチャレンジすることも可能です。
Q4:
大学在学中の途中から奨学金を受けることは可能ですか?
A4:
途中から奨学金を受けることは可能です。当該学年の4月に遡って支給することになります。
Q5:
奨学金の支給方法は?
A5:
原則、毎月末に本人に直接手渡しという形で支給しております。振込等での支給は行っておりません。大学および当院に来院していただき、直接本人に支給します。
これは、水口病院奨学金制度の特徴でもあり、毎月学生と接することで相互の関係を高め、メンタル面のフォローも行っております。
Q6:
入学時にまとまった金額が必要なのですが...?
A6:
各コースの限度額の範囲内において、入学金や前期授業料等の納入金に必要な入学一時金を支給することができます。奨学金ですので、定められた期間、看護師として勤務することで返還免除になります。
Q7:
奨学金は返還しなくてはならないのですか?
A7:
奨学金は原則的に返還していただくものですが、当院奨学金制度では、定められた期間を常勤の看護師として勤務した場合は、奨学金の返還は免除されます
Q8:
奨学金の返還とは?
A8:
在学中に支給の辞退があったとき。学校を退学したとき。入学後5年以内に国家試験に合格できなかったとき。卒業後当院に勤務しないとき。定められた返還免除期間の途中で退職したとき。などの場合は、支給した奨学金の全額を一括して返還いただくことになります。
Q9:
留年や休学をしてしまったら?
A9:
奨学金は正規の修学期間の支給となりますので、留年や休学の場合は奨学金の支給は停止させていただきます。復学・進級しましたら、支給を再開いたします。
Q10:
通学に無理がありますので学生寮などはありますか?
A10:
大学が紹介するセキュリティ万全のマンションがあります。また、当院が用意するマンションに入居する場合は、入居費用に係る一部を病院が負担をいたします。
Q11:
奨学生の応募前に病院を見学することはできますか?
A11:
就職を前提とした奨学金の支給となることから、事前に就職先の病院を知っておくことは大切なことであり、当院では病院見学を随時行っておりますので、お気軽にお問合せください。
遠方の希望者に対しては、交通費の補助等も行っております。