ホーム >  採用情報 >  先輩職員の声 >  患者さんの「本当の声」、「長い人生」に寄り添い、支えるということ

水口病院 薬剤師

患者さんの「本当の声」、「長い人生」に寄り添い、支えるということ

私は大学卒業とともに水口病院へ就職し、今年で6年目です。入職当初は外来も院内調剤だったため、1日のほとんどを調剤業務に追われる日々でした。2年目に院外処方への切替えがあり、空いた時間で病棟での服薬管理指導を開始しました。精神科では他科に比べて入院期間が長く、一人ひとりの患者さんとじっくりお話することができました。長期に渡る関わりのなかで、患者さんの「本当の声」を聞く機会が多くありました。それは、薬に関することだけではなく、生活の困難さや将来の不安、生き辛さなど様々です。疾患や薬物治療だけにとらわれず、その人の生活や考え方を理解することの重要性に気づかされました。

今では、「抱える苦しみをどのように和らげるのか?」「その人らしい生き方とは何か?」ということを常に考えて業務を行っています。 その取り組みの一つが、昨年から開始した訪問薬剤管理指導です。 患者さんの自宅に赴き、生活に根ざした指導・支援をしています。

当薬局では、より良い医療のための試みをどんどん行っています。 ぜひ一緒に、患者さんに寄り添った医療を提供しましょう。

福本大輝

悩みの種は尽きません、患者さんとじっくりと向き合い、じっくり考えるということ

精神科の医療に興味があり、地元に大きな精神科の病院があるということで、見学に行ったところ、雰囲気がとてもよかったので、ここに就職させていただきました。

入った頃は、仕事内容を覚えたり、薬を覚えたりするのに必死でしたが、分からないことは先輩たちが丁寧に教えて下さったので、他の病院に勤めている友達よりも早く自立できる形にいけたのではないかと思っています。とはいっても、知識も経験もまだまだだと感じる毎日です。他のスタッフから質問されても、すぐに答えられなかったり、患者さんとどう接し、薬剤師としてどう助けたらいいのか、と悩むことは多くあります。また、NSTチームにも参加させていただいてますが、この患者さんはどうしたらごはんを食べてくれるのか、などと悩みの種は尽きません。ですが、考える時間は十分にありますし、頼れる先輩もいます。

患者さんとじっくり向き合える時間があるのも、この病院の薬局の自慢でもあります。 答えは簡単に出ないことも多いですが、考えた分だけそれが自分の力になると思いますし、患者さんの笑顔が増えたり、話をしてくれるようになると、とても嬉しくなります。

これからも、色んな患者さんと接しながら自分を成長させていきたいです。

岡城早紀

患者さんの問題を解決する為に時間を費やす、今の自分が学ぶべき事を学ぶ

2014年4月に入職してから早いもので1年が過ぎようとしています。

当薬局に入職して一番感じた事は、患者さんと話す時間、患者さんに対してどのようなアプローチを選択していけば良いかを考える時間、そのために今の自分が学ぶべき事を学ぶ時間が多くあるということです。
「患者さんの問題を解決する為に時間を費やす」この流れこそが最も自然に自分が成長できるスキームだと思います。また当薬局の一番の強みだと感じます。
信頼関係が生まれて初めて患者さんから多くの悩み、不安、質問が寄せられます。

内容は薬のことだけに留まりません。

単科の病院では他の疾患のことが学べないと学生時代に良く耳にしましたが人生に寄り添う精神科では高齢の方も多く、肺炎やメタボリック関連疾患など、精神科疾患以外の身体疾患を有している方が多くおられます。

精神科だからこそ一般的な身体疾患をしっかりと学ばなければいけません。
精神科はまだまだ閉鎖的で恐い場所というイメージが蔓延しています。
その現状を覆したいと本気で考えています。
“インターンは随時実施しています“
精神科という現場を一度体験して頂き自分の中の枠組みを広げてみては如何でしょうか。

 

平野裕和