ホーム >  ご来院の皆さまへ >  心の悩み相談室 >  心の悩みQ&A >  不眠と、慢性的な疲れを訴える夫が心配...

心の悩みQ&A

不眠と、慢性的な疲れを訴える夫が心配です。

最近、夫が元気がない様子なので心配しています。夫は、大手建設会社に勤務していますが、半年前に社内でもかなり忙しい部署に配属され、そのころから、胃の痛みや不眠を訴えるようになりました。家でも子どもと遊ぶこともなくなり、ひとりで寝室に閉じこもりがちです。会社でもぼんやりしていることが多く、仕事の能率もかなり落ちているそうです。気晴らしになればと、家族旅行を計画したり、励まそうと努力はしているのですが...。

アンサー

ご主人は、今、精神的につらい状況にあると思われます。おそらく、軽いうつ症状でしょう。ご家族で心配し、いろいろと工夫して励ましていらっしゃる様子ですが、実は、うつ症状に陥った方に決してしてはならないのが、「励まし」なのです。元気のない人に何気なくかけてしまう「頑張ってね」という言葉は、うつ症状の患者さんにとっては禁句です。励まされると、余計に自分はだめな人間だと思い悩み、追い詰められてしまうからです。

早い時期に、精神科でカウンセリングを受けることをお勧めします。おそらく、抗精神薬や抗不安薬などを処方し、しばらく通院することで症状はかなり改善されると思います。でも、大切なのはご主人を追い詰めた原因を取り除くことです。原因を取り除かなければ、症状は簡単に再発してしまいます。精神科医による診断、家庭や職場の環境、そして何よりも本人の意識の変革が大切になることもあります。ゆっくりと人生を考えてみる良い機会かもしれない、そんなふうに考えてみてはいかがでしょう。