ホーム >  ご来院の皆さまへ >  心の悩み相談室 >  心の悩みQ&A >  4と9の数字がこわくて周囲に迷惑をかけてしまいます...

心の悩みQ&A

4と9の数字がこわくて周囲に迷惑をかけてしまいます。

中学の教師をしている夫の妙な癖が気になっています。大学時代から、「死」と「苦しみ」を連想するといって、「4」と「9」の数字にこだわり、これを避けるあまり、周囲にも迷惑をかけているのです。「4」と「9」という数字が部屋番号に書かれた教室には何かと口実を作って入ろうとしません。昨年の34歳の1年間は、一年中、身を慎んで過ごしました。何か悪いことが起きるというのです。どうしたらこのような癖を止めさせられるでしょう。

アンサー

こうしたこだわりは、個人差はあるにせよ、誰でも持っているものです。でも、それが周囲に迷惑をかけるまでになると、少し問題ですね。一度、気楽な気持ちでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。ご主人は精神病ではありません。事の善悪は十分に心得ているし、自分がバカげたことにこだわっていることもよく承知しているはずです。こだわるまいと思えば思うほど、これらの数字が頭に浮かんできて、そこから逃げられなくなってしまうのでしょう。

これは神経症の一種で、「縁起恐怖」と言われる症状です。薬を処方する必要はないでしょう。医師やカウンセラーから、「気分はそのままにして、仕事や勉強に励みましょう」とアドバイスしてもらうのが良いと思います。どんな考えが頭に浮かんでも、行動だけは正常人として振舞うようにする。「4」と「9」の数字を無理に頭から追い払おうとしないで、むしろいつも頭に浮かべてやろうと努力するほうが良いのです。そうすれば、そのたびに、「いくら数字が浮かんでも、何も起こりはしないのだ」と気づくはずです。日常生活に支障をきたすことがなければ、こうしたこだわりも問題とはならないはずです。