ホーム >  ご来院の皆さまへ >  認知症の相談室 >  認知症の検査

認知症の検査

認知症かもしれないと気づいたときには、できるだけ早いうちに専門家の診療を受け、その原因を検査してもらうことが大切です。病院ではどのような検査が行われるのか、簡単にご紹介します。

診察・問診

当院では、
(1)本当に認知症があるのか
(2)もし認知症だとすれば、原因は何か
(3)重症度はどのくらいか
(4)認知症と一緒に、どのような随伴症状が出ているか

などを調べます。 認知症状の様子を知るには、ご本人を観察するとともに、日常生活がどんな状態なのか、過去にさかのぼって情報を集める必要があります。いろいろ話すことは、本人のプライドを傷つけるのではないかとの心配もあるでしょう。しかし、当院の精神科外来では、そうした配慮もしながら診察が行われていますので、安心してお話いただけます。

心理、知能機能に関するテスト

認知症を診断する際、心理、知能、機能に関するテストを行います。
このテストは、総合的な診察のうちのひとつにすぎませんが、熟練した専門家が、患者さんの様子を見ながら行います。

CT、MRIによる画像検査

脳に萎縮がないか、脳に梗塞や出血がないかをチェックするには、CTやMRIによる画像検査が有効です。
CT検査は、X線断層撮影で得た情報をコンピュータで再構成し、脳の断面図を描き出します。また、脳の機能を客観的に調べるために、脳波検査をすることもあり、意識障害などのチェックに有効です。
MRIは放射線を使用せず、より鮮明な画像を得ることができます。

健康チェック

全身のチェックも大切です。
高齢者は全身の病気や、ちょっとした体調の変化で認知症のような症状が出ることがあります。このため、一般的な血液検査、尿検査、心電図検査、X線検査などによる全身の健康チェックも欠かせません。
認知症の方の介護では、認知症の症状への対応に追われ、日常の健康管理が行き届きにくくなることがあります。しかし、身体的な病気によって認知症の症状が悪化するのを防ぐためにも、定期的な健康診断がとても大切なのです。