ホーム >  ご来院の皆さまへ >  外来診療案内:はじめて訪れる方へ

はじめて訪れる方へ

不安や悩みは誰でももっているもの

風邪がなかなか治らない。体がだるい。内科で診察を受けても異常は見当たらない。そんな症状に戸惑ううちに、気がつくと重いうつ症状を起こしていた...。現代の心の病はこのように、本人も周囲も気づかぬうちに心の中へ忍び込むケースが多いようです。

働きざかりの中高年、育児に悩む孤独な主婦、学校へ行けなくなってしまう子どもたち。当院の外来患者数は、この20年間で5倍に増えています。忙しく、ストレスの多い現代社会では、このような軽症うつ病は誰がかかってもおかしくない病気です。しかし、来院して、医師やカウンセラーと話をしただけでほぼ治ってしまう患者さんもいます。  

軽い症状でも早めにご相談を

心の病も、内科の病気と同じように、早めに見つけることができれば、治療も易しくなります。軽い症状なら、入院せずに投薬と通院で治すことが可能です。

当院では、いち早く臨床心理科を導入し、カウンセリングを行い、積み上げてきた多くの経験とノウハウがあります。

「最近、どうもイライラする」「よく眠れない」「人間関係がうまくいかない」。そんな症状を自覚したなら、ぜひ、お気軽にご相談ください。

【各科紹介】

精神科 心の病、精神疾患を専門に診ます。
心の病とは、うつ病や統合失調症、神経症や不眠症などで、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻聴、幻覚、妄想 といった心の症状を診ていきます。
老年精神科 脳神経系の疾患を取り扱います。
震えやめまい、頭痛がする、力が入らない といった神経の症状が疑われるときには老年精神科で診ます。
心療内科 身体の症状が主な訴えとなる疾患を取り扱います。
胃潰瘍や過敏性腸症候群、偏頭痛や摂食障害などを、心と、その人の置かれている家庭や会社といった環境両面から、総合的に治療していきます。
内科 当院の内科は、高齢の患者さんが多いこともあり、内科の不調を訴える方のために、風邪をひいた、胃が痛い、下痢が続いている...、そういった身体的な症状を正確に判断し、治療していきます。身体的な症状が消えれば心も軽くなることが多いのです。

お気軽にご相談ください。お問い合わせ:0748-62-1212(平日午前9時〜午後5時)