ホーム >  ご来院の皆さまへ >  外来診療案内 >  安心の医療体制

安心の医療体制 思いやりの心で向き合う

心の病の治療は、人と人との心のふれあいから始まります。患者さんが心を開いて話をしてくださることが、治療の第一歩となるからです。当院が最も大切に考えているのは、医療スタッフや職員たちの質の高さです。医療もサービス業の一つ。患者さんに満足していただける医療技術、介護技術が全てのスタッフに備わっていなくてはなりません。

そのため、医療スタッフは定期的に勉強会を行っています。新しい治療法や症例、次々に開発される向精神薬などの勉強は、医療技術の向上のために欠かせません。患者さんは、心の状態も性格も一人一人違います。数多くの治療法の中から、その患者さんにとって最も効果的な治療法は何か、医師もスタッフも常に真剣に考えています。

また、様々な症状の高齢者をお預かりするため、内科医・外科医が定期的に診療するほか、急性肺炎や突然の骨折などにも、専門の医師がすぐに対応できます。外科手術などで他の病院へ転院なさる場合も、当院のスタッフが定期的に転出先の病院を訪問し、患者さんが不安な状態にならないようフォローしていきます。

【医療スタッフの役割】

医師 当院では、精神科のベテラン医師が診察にあたり、認知症専門の医師は、認知症の早期発見からターミナルケアまで一貫して関わっています。
看護師 患者さんの様子や変化をしっかりと察知し、うまく話せない患者さんの代弁者にもなり、医師との架け橋となるように患者さんを支えています。
カウンセラー・
臨床心理士
医師の片腕として、病棟外来で心理検査、カウンセリングや集団療法を行っています。
ケースワーカー・
精神保健福祉士
治療や入院中の困ったこと、また社会復帰や各種福祉制度のこと、なんでも相談してください。
作業療法士 工作や陶芸、編み物、絵画、書道、ゲーム・パソコン、スポーツなどを取り入れた治療においては、専門の作業療法士たちが患者さんを個別に指導します。

水口病院のネットワーク

関連施設へ